読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜洋画劇場(オールナイト映画鑑賞会)

 

友達のお勧め名作映画を見せてもらえるということで家で映画鑑賞会を開くことになったんですが、それが観たい作品が多くなってしまって一度に6本!という今まで経験したことのない耐久上映会になってしまいました。

(ただし、大学時代に開催した通称「アニメリバー」は24時間アニメを見続けるというさらなる恐ろしさがあった…)

 

28DAYS [DVD]

28DAYS [DVD]

サンドラ・ブロック主演。アル中でヤク中の主人公が更生施設での28日間でいかに変わっていくか、というお話。問題を抱えた主人公がそれにどう向き合い、答えを出して、いかに成長したのかという主人公の成長物語として(そもそもの更生施設という場所の意味合い通りにまさに更正していく過程が)お手本のように分かりやすい映画でした。

 

フィールド・オブ・ドリームス [DVD]

フィールド・オブ・ドリームス [DVD]

不可思議な声にしたがって自前の農場に野球場を作った男が出会う人達とは…。ケビン・コスナー主演。父親と息子の愛の物語。古き良きアメリカの常に野球とともにあった人々の夢を、たまらなく温かく愛おしく描いたノスタルジーな映画でした。皆の夢がこのグラウンドに集う…まさにタイトル通りでした。よかったです。

 

パーフェクト ワールド [DVD]

パーフェクト ワールド [DVD]

同じくケビン・コスナー主演。脱獄犯の男と人質の少年との相棒物語。父親に対するコンプレックスを抱えた男。単なる人質としてさらった少年に過去の自分を重ね合わせるように、男と少年は他人を超えた(まるで本当の親子のような)絆を築きあげていく。以外にギャグ要素も満載で笑いあり涙ありの悲しい物語でした。

 

ゴースト ニューヨークの幻 [DVD]

ゴースト ニューヨークの幻 [DVD]

死んだ男が幽霊となって恋人に迫る危機を救い、そして想いを遂げて去っていくお話。ある種の映画の完成形を思わせる複雑で緻密な脚本と演出に驚きました。ラブロマンスもサスペンスもコメディーも様々な要素が上手にまとめられているのがすごい。ただしそれ故に一本の映画として煩雑さが否めなく、幽霊としての特殊能力の乱用で物語をゴリ押しさせていくなど、鼻につく点が少なからず気になった。でも有名な作品だったので観れてよかった。

 

レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

 殺し屋の男の家族を殺された少女との邂逅と成長、離別の物語。まずとにかく幼いナタリー・ポートマンが可愛い!そのバディーとしてのノッポでうぶなジャン・レノがいい味を出している。レオンがマチルダとの交流の中で親子とも恋人とも違う不思議な愛の絆で変わっていく様は、実はマチルダ以上にいじらしい。

 

最後を飾るのは言わずと知れた名作。少年の大人への成長と友情の行方。この映画を観れば男子は必ず我が身を振り返ることになると思う。自分の少年時代はどうだったか。あの頃の友人とは何をして遊び、語らい、分かち合ったのか。そして彼らは、一体どこへ行ってしまったのか…。クサイ話になってなんだか恥ずかしいけれどこの映画にはそういう男の友情の普遍的な何かが描かれていて、だから自分は最もこれに想いが募る。

 

 

昼から始めて翌日の昼になってしまった…途中休憩はあったけど結局一日使ってしまった。徹夜は本当にしんどい。気持ち悪くて苦手だ…。でも楽しかった。映画自体も本当によかったけれど、大学の友達を家に読んでの鑑賞会なんて久しぶりだから懐かしくなってしまった。(しかも集まった四人とも上京してきた愛知県組)東京に来てからもこういうことが出来るのは本当に貴重だな。今度は吉祥寺をもっと案内したいと思う。

またの機会に、何か出来ればと思う。